会社設立の強い味方

会社設立を志した起業家が事業を始めるにあたって、最も大切なのはお金の管理です。そしてお金といえば、せっかく集めた資本金や稼いだお金は、税金という形で外に流出します。起業家は国税については税務署、地方税については、都道府県や市町村の地方税の担当部署との付き合いが必要になります。税は非常に複雑な法体系からできており、解説本を読み込んでも、全て自分で完ぺきに理解するのは困難です。忙しい起業家がそのようなことに時間を費やすのは非効率であり、そこで税の専門家である税理士に相談することが必要です。

税理士とは税理士法に規定された国家資格であり、税金の申告や申請の代理、税務書類の作成、税務相談、国税や地方税に関する不服審査申し立てなどの手続き、税務調査の立ち合いなどを行うほか、会社の財務書類の作成、会帳簿の記帳代行を行います。また行政書士として登録すると、行政書士の業務も行えます。また、租税債務確定に必要な事務の範囲内で社会保険労務士の業務も行えます。

このように税理士はお金特に税に関わるほぼすべての業務に精通した専門家であり、節税が利益や資金繰りに直結する経営者にとって強い味方です。税理士にも得意不得意がありますし、税理士の仕事の特徴を理解したうえで、よいお付き合いの仕方を熟知することが、税理士に相談するメリットを最大化する秘訣です。本サイトでは税理士に相談するメリットについて、ポイントを絞ってご紹介します。